はじめてのひと 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」のはじめてのひと無料試し読み


好きになってはいけない、恋してはいけない相手だなんて、知らなかった──家族を交通事故で失った川村真巳は、入院中の祖父と一緒に毎日をつましやかに暮らしていた。コーヒー好きの祖父のため、持ち帰りができる店を探していた真巳は、隠れ家のような喫茶店『翠雨』を知る。誰にも頼ることを知らず、甘えようとしない真巳を、店の主人である江島は優しく見守っていた。そんな江島にどうしようもなく惹かれていく真巳だが、江島の存在を知った祖父から、彼とはもう会わないでほしいと言われてしまう、彼は赦せない相手だから、と。混乱し、納得できずにいた真巳だが、そんなとき、男にキスしている江島を見てしまい!?
続きはコチラ



はじめてのひと無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


はじめてのひと詳細はコチラから



はじめてのひと


>>>はじめてのひとの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」はじめてのひとの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するはじめてのひとを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」ははじめてのひとを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してはじめてのひとを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」はじめてのひとの購入価格は税込で「918円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




小学生時代に読みふけったお気に入りの漫画も、BookLive「はじめてのひと」として閲覧できます。お店では置いていない漫画も数多くあるのが魅力だと言っていいでしょう。
買う前にストーリーを知ることが可能だというなら、読んでしまってから後悔せずに済みます。店舗で立ち読みするときのような感じで、BookLive「はじめてのひと」におきましても試し読みをすることによって、どんな漫画か確認できます。
漫画や書籍を入手するときには、パラパラとストーリーをチェックしてから決める人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みのように内容を確認することが可能です。
気軽に無料漫画が読めるということで、ユーザー数が急増するのは当たり前の結果だと言えます。本屋さんとは違って、他人の目を憚ることなく立ち読みすることが許されるというのは、電子書籍だけの利点なのです。
書籍を買い求める時には、BookLive「はじめてのひと」を活用して試し読みをしておくというのがおすすめです。物語の内容や主人公のビジュアルを、支払前に見ておくことができます。




はじめてのひとの概要

                    
作品名 はじめてのひと
はじめてのひとジャンル 本・雑誌・コミック
はじめてのひと詳細 はじめてのひと(コチラクリック)
はじめてのひと価格(税込) 918円
獲得Tポイント はじめてのひと(コチラクリック)


ページの先頭へ