男の船出 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」の男の船出無料試し読み


▼第1話/みかえり桜▼第2話/下駄割り坂▼第3話/流れぼっち▼第4話/一代▼第5話/さくらさくら ●主な登場人物/「みかえり桜」=ケイ(若いヤクザ者。組の幹部の身代わりとなって刑務所に入る)、早苗(ケイの同級生。ケイの子供を身ごもっている) 「下駄割り坂」=清馬(上士の息子)、繁太郎(土佐郷士の息子)、佐市(土佐の農民の息子) ●あらすじ/刑務所の看守をしていた男が定年を迎えた。自分なりに一生懸命職を全うした。思い残すことはない。しかし、ただひとつ、一度だけ服役者にウソをついたことだけが思い出される…。受刑者の車が刑務所に向かっている。何度も刑務所に入ったことのあるベテランが、その道すがらに、みかえり桜と呼ばれる秋に咲く桜があるのでカーテンを開けてくれと看守に頼む。見ると本当に1本だけ秋だというのに花をつけた桜があった。受刑者たちは驚きと歓喜の声を上げるが、若いヤクザのケイだけは「未練がましい」と見ようとしない。ケイは、組の幹部がやった殺しの身代わりとして刑務所に入るのだ。出所したら幹部にしてやるという言葉を信じて…(第1話)。▼坂本竜馬、武市半平太、中岡慎太郎らが活躍した幕末の土佐。そこには、歴史に名を残すこともなく命を散らした23名の勤皇浪士がいた。上士の清馬、郷士の繁太郎、農民の佐市は、小さな頃から大の仲良し。しかし、郷士が中心となって藩論を勤皇討幕にまとめてからは、事情が変わってきた。清馬の父は繁太郎と付き合うことを固く禁じ、繁太郎は子供ながら「これからは勤皇の時代じゃ!」と武市らに傾倒する。そんな折り、奉行所の武士を笑ったと繁太郎と佐市が因縁をつけられた。激しいリンチにあうふたり。清馬は助けようとするが、父親に止められる(第2話)。
続きはコチラ



男の船出無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


男の船出詳細はコチラから



男の船出


>>>男の船出の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」男の船出の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する男の船出を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は男の船出を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して男の船出を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」男の船出の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




さくさくとダウンロードして楽しめるのが、無料電子書籍が評価されている理由です。お店まで出掛けて行く必要も、オンラインで注文した本を宅配便などで送ってもらう必要も全然ないわけです。
BookLive「男の船出」のサービスによっては、1巻全てのページをフリーで試し読みできるというところもあるのです。1巻はタダにして、「楽しいと感じたなら、2巻以降を購入してください」という仕組みです。
連載期間が長い漫画は数多くの冊数を買うことになるので、ひとまず無料漫画で内容を確認するという人が多くいます。やはりその場で書籍を買うというのはハードルが高いのでしょう。
数多くの人が無料アニメ動画を利用しています。空き時間とか電車で移動中の時間などに、手間要らずでスマホで見ることができるというのは、何より便利だと思います。
電子書籍のデメリットとして、いつの間にやら買いすぎているということがあり得ます。一方で読み放題でしたら毎月の利用料が固定なので、読み過ぎたとしても金額が高くなりすぎるなどということはあり得ないのです。




男の船出の概要

                    
作品名 男の船出
男の船出ジャンル 本・雑誌・コミック
男の船出詳細 男の船出(コチラクリック)
男の船出価格(税込) 540円
獲得Tポイント 男の船出(コチラクリック)


ページの先頭へ