反日記事の原点 【Voice S】 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」の反日記事の原点 【Voice S】無料試し読み


『朝日新聞』の問題は慰安婦だけではない。日中国交正常化(1972年)の前、70年の国交回復交渉の時期において、ひたすら中国におもねった『朝日新聞』の報道姿勢こそ「侮日」と「反日」を生んだ原点である。以後、中国共産党に「強硬に出れば日本はいくらでも譲歩する」と思わせ、わが国に重大な禍根を残すことになる。その最たるものが戦時徴用訴訟をはじめ、日本企業に対して法外な金額を求める中国の賠償請求問題である。現代とまったく変わらない、1930年前後の「タカリの構造」が明かされる。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2014年11月号掲載記事を電子化したものです。
続きはコチラ



反日記事の原点 【Voice S】無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


反日記事の原点 【Voice S】詳細はコチラから



反日記事の原点 【Voice S】


>>>反日記事の原点 【Voice S】の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」反日記事の原点 【Voice S】の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する反日記事の原点 【Voice S】を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は反日記事の原点 【Voice S】を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して反日記事の原点 【Voice S】を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」反日記事の原点 【Voice S】の購入価格は税込で「100円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




CDをある程度聞いてから買い求めるように、漫画についても試し読み後に買うのが主流になってきました。無料コミックサイトを活用して、読みたい漫画を探してみて下さい。
人前では内容確認することに罪悪感を感じるといった漫画であろうとも、無料漫画サービスを打ち出している電子書籍なら、ストーリーをきちんとチェックした上で買うことが可能なので、後悔することがありません。
「電子書籍は遠慮したい」という人も少なからずいますが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んでみたら、その気楽さや決済の簡便さから繰り返し購入する人が多いようです。
いつでも無料漫画が読めるという理由で、利用者が増加するのは至極当然のことです。お店とは異なり、人目を気にすることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍ならではのメリットなのです。
ここ最近、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というプランが提供され評判となっています。1冊単位でいくらというのではなく、1ヶ月いくらという料金徴収方法を採っているのです。




反日記事の原点 【Voice S】の概要

                    
作品名 反日記事の原点 【Voice S】
反日記事の原点 【Voice S】ジャンル 本・雑誌・コミック
反日記事の原点 【Voice S】詳細 反日記事の原点 【Voice S】(コチラクリック)
反日記事の原点 【Voice S】価格(税込) 100円
獲得Tポイント 反日記事の原点 【Voice S】(コチラクリック)


ページの先頭へ