日本の論点2015~16 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」の日本の論点2015~16無料試し読み


ビジネスマンならこのレベルの知識を持ちなさい!ビジネスリーダーとしても思想家としても名高い大前氏の名著『日本の論点』最新版、ここに登場!「オリンピックバブル」「給与格差」「集団的自衛権」ほか、プレジデント誌の連載から反響の大きかった稿を加筆修正。この1冊を読んで、今の日本について考えよう。【著者紹介】大前研一(おおまえけんいち)早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクを経て、現在BBT大学学長、(株)ブレーク・スクール代表取締役、ボンド大学経営学部教授。【目次より抜粋】◆オリンピックバブルに騙されてはいけない◆日本の部長の給料はなぜ、世界最低レベルなのか◆「アマゾン」の一人勝ちはなぜ起こるのか◆どこまでも続く「ソニーの一人負け」◆フランス人COO誕生へ!武田薬品工業は成功するか◆ゴーン退任こそ日産飛躍のベストシナリオ◆長期衰退を止めるには移民政策しかない◆スマホで五億円稼ぐ「情報の取り方」◆エネルギー危機を救う我が私案◆シェールガス革命で浮かぶ会社、沈む会社◆シェールガスの対日輸出解禁でガス価格は下がるのか◆シリア戦も不可避!?「集団的自衛権」容認の危うさ◆集団的自衛権、安倍流「普通の国」とは、どんな国か◆世界から尊敬されるドイツ、警戒される日本◆お金をムダにしない「ドイツ連邦制」の仕組み◆就職に困らないドイツの「一〇歳のハローワーク」◆台湾の経済は、中国よりも圧倒的に強い◆バブル崩壊前夜の中国とどう付き合うか◆サムスン電子と心中か?韓国経済の暗雲◆自民党の属人的、密約ベース外交のツケ◆安倍首相の靖国参拝、知られざる波紋◆アメリカが警戒、“失言政治家”の危ない勘違い◆韓国、中国が狙う、北朝鮮の植民地化とロシアが狙う労働力
続きはコチラ



日本の論点2015~16無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本の論点2015~16詳細はコチラから



日本の論点2015~16


>>>日本の論点2015~16の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」日本の論点2015~16の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する日本の論点2015~16を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は日本の論点2015~16を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して日本の論点2015~16を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」日本の論点2015~16の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画ファンの人にとって、コレクションのための単行本は大切だと理解できますが、「読めればそれでOK」という人であれば、スマホで読むことのできるBookLive「日本の論点2015~16」の方がおすすめです。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であれば、どれほど嬉しいだろう!」という利用者目線の発想を踏まえて、「月額料を払えば1回1回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が考えられたのです。
無料アニメ動画というものは、スマホでも視聴可能です。以前に比べて中高年層などのアニメ愛好者も増えているという状況ですから、この先以前にも増して進化していくサービスだと考えます。
コミックサイトも相当数運営されていますから、比較検討して使い勝手の良さそうなものを選ぶことが大切です。ということなので、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを押さえるようにしましょう。
スマホ経由で電子書籍を買えば、職場までの移動中や仕事の合間の一服タイムなど、場所を選ぶことなく楽しめます。立ち読みも可能なので、書店まで足を運ぶなんて必要はないのです。




日本の論点2015~16の概要

                    
作品名 日本の論点2015~16
日本の論点2015~16ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の論点2015~16詳細 日本の論点2015~16(コチラクリック)
日本の論点2015~16価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 日本の論点2015~16(コチラクリック)


ページの先頭へ