ぼくが見た太平洋戦争 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」のぼくが見た太平洋戦争無料試し読み


ベストセラー『ぼくらの七日間戦争』の著者が、本当の戦争体験を子どもたちに向けて語り、戦争の愚かさ、悲惨さを伝えます。終戦から来年で70年。戦争体験者のほとんどが、70代後半から80代以上となり、子どもたちの親や祖父母の多くが戦争を知りません。「ぼくらシリーズ」が子どもたちに人気の宗田先生は今年86歳。8歳のとき父が亡くなり、祖父に引き取られたため、中高時代を戦時下の愛知県三河ですごしました。学徒勤労動員で学校に行かず鉄工所で働いたこと、広島と長崎の原爆投下のはざまで起こった中高生450名以上が犠牲になった豊川海軍工廠付近への空襲、戦争末期で救助も来ず2000人以上が亡くなった三河の大地震、空腹とダニやノミ・シラミとの闘い、マンガのような「タコツボ特攻作戦」や「吹き矢作戦」を真面目に練習したこと、B29の機銃掃射……。当時、中高生だった宗田先生が語り継ぐ、戦時下の切ない青春と本当の戦争体験記です。
続きはコチラ



ぼくが見た太平洋戦争無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ぼくが見た太平洋戦争詳細はコチラから



ぼくが見た太平洋戦争


>>>ぼくが見た太平洋戦争の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ぼくが見た太平洋戦争の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するぼくが見た太平洋戦争を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はぼくが見た太平洋戦争を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してぼくが見た太平洋戦争を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ぼくが見た太平洋戦争の購入価格は税込で「950円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




カバンを持たずに出かけるという男性にとりましては、スマホで無料電子書籍が閲覧できるというのは素晴らしいことです。分かりやすく言うと、ポケット内に入れて書籍を持ち運ぶことができるというわけなのです。
「詳細を把握してからでないと不安だ」とおっしゃるユーザーからすれば、無料漫画と申しますのはメリットだらけのサービスに違いありません。運営者側からしましても、新しいユーザー獲得が望めるというわけです。
今放送されているものを毎回リアルタイムで見るのは難しいという人でも無料アニメ動画として配信されているものなら、各々のお好きなタイミングにて楽しむことができます。
10年以上前に読んでいたお気に入りの漫画も、BookLive「ぼくが見た太平洋戦争」という形で取り扱われています。お店では陳列されていないタイトルもラインナップされているのがセールスポイントだと言うわけです。
気軽にアクセスして閲覧することができるというのが、無料電子書籍が評価されている理由です。本屋まで出向く必要も、通販で買った本を郵送してもらう必要もありません。




ぼくが見た太平洋戦争の概要

                    
作品名 ぼくが見た太平洋戦争
ぼくが見た太平洋戦争ジャンル 本・雑誌・コミック
ぼくが見た太平洋戦争詳細 ぼくが見た太平洋戦争(コチラクリック)
ぼくが見た太平洋戦争価格(税込) 950円
獲得Tポイント ぼくが見た太平洋戦争(コチラクリック)


ページの先頭へ