ハヤテのごとく!(14) 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」のハヤテのごとく!(14)無料試し読み


▼第1話/それがどんな無茶振りでも男の子には女の子の期待に応える義務がある▼第2話/正体がバレると動物にされるって設定はよく考えると怖いよね▼第3話/僕たちの行方▼第4話/時代劇でも桜吹雪を見れば人はたいてい素直になる▼第5話/Distance~近くても▼第6話/Distance~遠くても▼第7話/ハヤテむかし話▼第8話/新学期の新しいクラスになったときはなんとも思わなかった子が学期末には可愛く見えてくる不思議▼第9話/ハイキングに行きたい。すごい行きたい。ていうか仕事場から出たい▼第10話/迷子。迷うから迷子。たーすーけーてー…▼第11話/ワイルドなライフ 動物が許してくれない●主な登場人物/綾崎ハヤテ(1億5000万円の借金を背負い、ナギに執事として仕える16歳。不幸さ加減なら誰にも負けない自信あり)、三千院ナギ(超お金持ち・三千院家の一人娘。13歳。ハヤテに愛の告白をされたと思い込む)●あらすじ/今日は咲夜の誕生日。ナギは夜からの誕生パーティーに行く予定だったが、初めてのバイトの疲れもあり、自分の屋敷で熟睡していた。伊澄も例によって迷子で到着しておらず、幼なじみの中で唯一来ていたのはワタルだけ。そしてワタルは、満場の訪問客の中で“爆笑トークショー”をやらされるはめになり…?(第1話)●本巻の特徴/ヒナギク×西沢さん in 夜の観覧車。そこでヒナギクが伝えた衝撃告白とは? 後半では高2に進級したハヤテたちが、高尾山へハイキングに出かけて…!?●その他の登場人物/マリア(三千院家のメイド。美人で面倒見のいい17歳)、タマ(三千院家のペット。人語を話すトラ)、桂ヒナギク(白皇学院の生徒会長。才色兼備)、桂雪路(ヒナギクの姉。白皇学院の教師だが、かなりのダメ大人)、西沢歩(ハヤテの元同級生。特徴がないのが特徴な娘)、橘ワタル(橘グループの御曹司で、一応ナギの許嫁。13歳)、貴嶋サキ(橘家のメイド。うっかり屋)、鷺ノ宮伊澄(ナギの親友。世間知らずの天然お嬢様)、愛沢咲夜(ナギの親戚で幼なじみ。お笑いに厳しい13歳)
続きはコチラ



ハヤテのごとく!(14)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ハヤテのごとく!(14)詳細はコチラから



ハヤテのごとく!(14)


>>>ハヤテのごとく!(14)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ハヤテのごとく!(14)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するハヤテのごとく!(14)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はハヤテのごとく!(14)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してハヤテのごとく!(14)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ハヤテのごとく!(14)の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本屋には置いていないといったちょっと前に発売された漫画も、電子書籍では揃っています。無料コミックの中には、中高年世代が以前エンジョイした漫画も沢山含まれています。
「部屋の中に置いておきたくない」、「持っていることだってバレたくない」ような漫画でも、BookLive「ハヤテのごとく!(14)」を上手く使えば家族に内緒のままで購読できます。
退屈しのぎにベストなサイトとして、定着してきているのがBookLive「ハヤテのごとく!(14)」だと聞いています。本屋に通ってどれにしようかと漫画を探す必要もなく、スマホのみで読めてしまうというのがおすすめポイントです。
コミックサイトも数多くあるので、比較して利便性の高そうなものを見定めることがポイントです。それを実現する為にも、さしあたって各サイトの優れた点を掴むことが大切です。
BookLive「ハヤテのごとく!(14)」で漫画を購入すれば、部屋の中に本の収納場所を作る必要はゼロになります。新しい本が出るタイミングでショップに行くのも不要です。こうしたメリットから、利用を始める人が拡大しているのです。




ハヤテのごとく!(14)の概要

                    
作品名 ハヤテのごとく!(14)
ハヤテのごとく!(14)ジャンル 本・雑誌・コミック
ハヤテのごとく!(14)詳細 ハヤテのごとく!(14)(コチラクリック)
ハヤテのごとく!(14)価格(税込) 432円
獲得Tポイント ハヤテのごとく!(14)(コチラクリック)


ページの先頭へ