街の博物誌 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」の街の博物誌無料試し読み


現代人の心奥底に眠る原始への郷愁を呼び、未来への不安を暗示する幻想小説集 歩行者天国で賑わう渋谷の街にそそりたつメタセコイアの巨木、二人の若い婚約者たちに生えてしまったかわいらしいシッポ、老いて現代に見捨てられた男を訪れる面妖な鳥“ニッポンカサドリ”etc。日常性に覆い尽くされているかに見える私たちの街に、ふと垣間見えるこうした不思議なものの姿……。 幻想SFの名作が、新井苑子の表紙・挿し絵とともに奇跡の復刊!●河野典生(こうの・てんせい)1935年1月高知県生まれ。詩作、劇作のかたわら1960年『陽光の下、若者は死ぬ』でデビュー。1964年『殺意という名の家畜』で推理作家協会賞を受賞。日本のハードボイルド小説の先駆者となる。幻想派SF小説、ジャズ小説など、多彩な執筆分野とジャズのフィーリングを持つ作家として特異な存在。
続きはコチラ



街の博物誌無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


街の博物誌詳細はコチラから



街の博物誌


>>>街の博物誌の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」街の博物誌の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する街の博物誌を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は街の博物誌を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して街の博物誌を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」街の博物誌の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




シンプルライフというスタンスが様々な人に認知されるようになった昨今、本も冊子形態で持たずに、BookLive「街の博物誌」経由で愛読するという人が増加しています。
その日その日を大切にしたいなら、空き時間を合理的に活用することを考えるべきです。アニメ動画を見るくらいは移動の真っ最中でも可能ですので、その様な時間を有効活用するのがおすすめです。
月極の利用料をまとめて払えば、色んな書籍を心置きなく読むことができるという読み放題プランが電子書籍で評判となっています。1巻毎に購入せずに読めるのがメリットと言えます。
移動中の何もしていない時などの空き時間に、無料漫画をチェックして好みの作品を探し出してさえおけば、後でたっぷり時間がある時に購入して続きを満喫するってこともできます。
老眼のせいで、目の先30センチ前後のものがぼや~っとしか見えなくなってきたという読書家の高齢者にとって、スマホで電子書籍が閲覧できるようになったというのは画期的なことなのです。フォントの大きさを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。




街の博物誌の概要

                    
作品名 街の博物誌
街の博物誌ジャンル 本・雑誌・コミック
街の博物誌詳細 街の博物誌(コチラクリック)
街の博物誌価格(税込) 756円
獲得Tポイント 街の博物誌(コチラクリック)


ページの先頭へ