じみへん(6) 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」のじみへん(6)無料試し読み


▼じみへん第361~440話●本巻の特徴/五右衛門風呂の入り方を懇切丁寧に説明する「知っててよかったシリーズ6」(第362話)、帰宅途中、同僚に「おぶってくれ」と言われる男の話(第374話)、競輪で大穴を当てて貯金を作りたい、という男たち(第392話)、にぎやかな場所に一人でいるおばさんに言い知れぬ感傷を抱いてしまう話(第419話)など。筆者のコラムでは、筆者が随分苦しめられた尿道結石(「石」)や、以前使っていたペンネームが意外な誤解を受けたこと(「ペンネーム」)、知り合いの田舎のちょっと不思議な方言(「方言」)などについて触れている。
続きはコチラ



じみへん(6)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


じみへん(6)詳細はコチラから



じみへん(6)


>>>じみへん(6)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」じみへん(6)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するじみへん(6)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はじみへん(6)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してじみへん(6)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」じみへん(6)の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「ある程度中身を知ってからお金を払いたい」と考えているユーザーからすれば、無料漫画と申しますのは良い所だらけのサービスだと断言します。運営側からしても、新しい顧客獲得が可能となります。
「漫画の数があまりにも多くて収納場所がないから、買うのを躊躇ってしまう」という状況にならずに済むのが、BookLive「じみへん(6)」が支持される理由です。どれだけたくさん購入しても、収納場所を考慮しなくてOKです。
スマホ上で読む電子書籍は、有難いことにフォントサイズを調整することが可能となっていますから、老眼で見えづらいおじいさん・おばあさんでも読むことができるという利点があると言えます。
利用している人が急に増えてきたのが、最近のBookLive「じみへん(6)」です。スマホで漫画をダウンロードすることができるわけですから、場所をとる本を携行する必要もなく、バッグの中の荷物の軽量化が図れます。
ここのところ、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが登場し注目度が高くなっています。1冊単位でいくらではなくて、各月いくらという課金方法を採用しているのです。




じみへん(6)の概要

                    
作品名 じみへん(6)
じみへん(6)ジャンル 本・雑誌・コミック
じみへん(6)詳細 じみへん(6)(コチラクリック)
じみへん(6)価格(税込) 648円
獲得Tポイント じみへん(6)(コチラクリック)


ページの先頭へ