付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」の付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘無料試し読み


時代劇の伝説的脚本家、小説も大ヒット!第一話 箱入り娘六平太は不意の付添いが縁で、播磨石郷藩米倉家のお抱え屋敷に出入りするようになる。屋敷の主・お佐江の方の娘、結衣の輿入れが決まった。西国へ嫁ぐ前に、六平太は結衣を江戸見物に連れ出す。第二話 島抜けひと月前、伊豆大島で三人の島抜けがあり、一人の消息がつかめない。男は兇盗・黒弥陀の一味だったくちなわの惣兵衛。黒弥陀は六年前、内部の裏切りにより全員が捕らえられた。一味を売った丑松は、半次と名を変え、六平太も通う元鳥越の髪結い「きのし床」を営んでいた。第三話 神隠し秋月六平太は、困っていた。神田「紙半」の娘・お夏の行き先は、なにがなんでも野巫(町場の陰陽師)の御託宣に従うからだ。大川の川開きの当日、お夏は夕刻から花火見物でごった返す両国に出かけると言い出した。案の定、六平太は大川の橋の袂でお夏を見失う。第四話 藪入り夏の藪入りの十六日、六平太は竹木炭薪問屋「田丸屋」の丁稚奉公・幸助と深川にやってきた。幸助は一年前の夏に父を亡くした。その年の藪入りに実家のある下谷の裏店に行くと、母の姿はなく知らない家族が住んでいたという。幸助の母・おれんは、深川で男に売られていた。
続きはコチラ



付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘詳細はコチラから



付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘


>>>付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




利益に直結しない無料漫画を敢えて閲覧できるようにすることで、集客数を上げ利益増に繋げるのが電子書籍サイトの狙いということになりますが、反対の立場である利用者側からしても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
漫画などは、書店で立ち読みして買うかを判断する人ばかりです。だけど、このところはBookLive「付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘」のサイト経由で1巻を読んでみて、その本について買う・買わないを決める人が増えているとのことです。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊ずつの代金で見ればそれほど高くはないですが、たくさん購入してしまうと、月々の利用料金は大きくなります。読み放題を活用すれば金額が固定になるため、書籍代を節約できるはずです。
1巻ずつ書店まで買いに行くのは大変です。とは言え、全巻まとめて買うのは期待外れだった時にお財布へのダメージがデカすぎるでしょう。BookLive「付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗することも少ないです。
常日頃から山ほど漫画を買うという方にしてみれば、月毎に同一料金を払うことによりいくらでも読み放題で閲覧することができるという仕組みは、それこそ斬新だと捉えられるでしょう。




付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘の概要

                    
作品名 付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘
付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘ジャンル 本・雑誌・コミック
付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘詳細 付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘(コチラクリック)
付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘価格(税込) 648円
獲得Tポイント 付添い屋・六平太 鷺の巻 箱入り娘(コチラクリック)


ページの先頭へ