悲しみと無のあいだ 電子書籍 ストア ブックライブ 購入

BookLive「ブックライブ」の悲しみと無のあいだ無料試し読み


長崎の被爆にこだわりつづける芥川賞作家の、思索と創作イメージの深まりを示す2篇。原爆で妻と子どもを喪った自由律俳句の俳人、松尾あつゆきの日記を読みながら、「被爆者の証言やエピソードを粘土のようにこねまわして物語(フィクション)をこしらえてきた」自分へのうしろめたさを意識する「わたし」。林京子さんの「自由に書いていいのですよ」という言葉から、さらなるイメージの飛翔がはじまる――。【「愛撫、不和、和解、愛撫の日々」】戦争を経験し、原子爆弾の光景を目撃した父の病死。家族と葬儀の準備をしながら「わたし」は、言葉をもたず、その光景を語らなかった父のかわりに、「感傷に流されることなく人間のしわざを告発するなにかを書くことができないか」、模索を始める。愛読してきた作品……フォークナーの『八月の光』や宮沢賢治の『よだかの星』、アンリ・デュナンの『ソルフェリーノの記念』やクロード・シモンの『フランドルへの道』にインスピレーションを得て文体を掴み取り、「廃墟のなかをさまよう十六歳の父の内奥にしみこんでいった被爆の実相」を書こうと試みる。それが「しょせんは想像でしかない」、「なにもわかりもしない」、なぜなら「わたしたちはついに語り合えなかった」のだから、と自らを戒めながらも、作家は想像力の翼をひろげ、その日の長崎を描き出そうとする。【「悲しみと無のあいだ】
続きはコチラ



悲しみと無のあいだ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


悲しみと無のあいだ詳細はコチラから



悲しみと無のあいだ


>>>悲しみと無のあいだの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」悲しみと無のあいだの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する悲しみと無のあいだを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は悲しみと無のあいだを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して悲しみと無のあいだを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」悲しみと無のあいだの購入価格は税込で「1199円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




1冊1冊書店で買い求めるのは面倒なことです。だけども、まとめて買うのは内容がイマイチだったときにお財布へのダメージが甚大だと言えます。BookLive「悲しみと無のあいだ」は読み終わるたびに買えるので、その点心配無用だと言えます。
暇つぶしに打ってつけのサイトとして、支持されているのが、ご存じのBookLive「悲しみと無のあいだ」です。本屋まで行って漫画を物色しなくても、たった1台のスマホで読みたい放題というのが特徴と言えるでしょう。
スマホで見る電子書籍は、便利なことに文字のサイズを自分好みに変えることもできますから、老眼で読みにくいアラフォー世代以降の方でも苦労せずに読めるという特性があるというわけです。
「電子書籍に抵抗がある」という本好きな人もそこそこいるようですが、1回でもスマホで電子書籍を読むと、その利便性や購入までの簡便さから繰り返し購入する人が大半だそうです。
カバンを持ち歩くことを嫌う男の人には、スマホで無料電子書籍が読めるというのは物凄いことなのです。言ってみれば、ポケットの中に入れて本とか漫画を持ち運べるわけです。




悲しみと無のあいだの概要

                    
作品名 悲しみと無のあいだ
悲しみと無のあいだジャンル 本・雑誌・コミック
悲しみと無のあいだ詳細 悲しみと無のあいだ(コチラクリック)
悲しみと無のあいだ価格(税込) 1199円
獲得Tポイント 悲しみと無のあいだ(コチラクリック)


ページの先頭へ